HOME>イチオシ情報>家庭用と比べて明らかに性能が違うのが業務用です
業務用エアコン

部屋を広く使え故障しにくいです

業務用エアコンの特徴は、家庭用エアコンに比べて大出力だということで、56kw程度の冷房能力をもっている商品もあります(家庭用16畳で5~7kw程(木造))。明らかに出力が違うで、家庭用エアコンであれば数台購入しないといけない場合でも、業務用であれば1台で済ますということも可能です。エアコンの設置台数が少なく済ませるということは、感覚的に部屋が広くなるので室内にいる人に精神的な圧迫が生まれないでしょう。また仮に業務用エアコンの代わりに家庭用を設置して、室内を快適にするには、常に限界ギリギリまで稼働することになってしまいます。そうすると故障する確率が上昇することになりますが、動かなくなれば当然修理代金が必要になり、その費用は数万円レベルになるでしょう。頻繁に故障し買い替えることになりますが、そうなると、初めから業務用エアコンを購入した方が経済的にお得な場合が多々あります。

設置してもらえます

販売店から業務用エアコンを購入した場合には、プロフェッショナルが指定の日時に取り付けしてくれるというサービスがあります。設置日にどういった流れになるのか、またどういったことをしてくれるのかは、業者によりことなってくるというのが現状です。一例として挙げると、まずは設置する場所は搬入する場所などに、汚れや傷などをつかないように、養生をしてくれます。その後エアコンを取り付けるときには、室外機にガスを封じ込めて回収してもらえるようになっていますが、それは環境保護のためです。業務用エアコンを設置してもらえますが、依頼者側が手伝う必要はなく、逆に危ないので近くにいない方がいいでしょう。取り付けしたら正常に動くのかをチェックを行い、かつ室外機に転倒防止対策を実施し、あとは必要書類にサインをして終了です。